MENU   

オレ、器がおちょこ🍶なんよ…。

どうも!

今朝2時頃にオデコの激痛とともに飛び起きたら、枕元にムカデがいたコーディーです。(これで人生で3度目。ムカデよ。もう許さん。)

 

 

今日は昨日の朝起きた妻マンぼーとの喧嘩について。

 

題して「オレ、大好きなものには器がおちょこ の話」

 

オレは毎朝毎朝コーヒーを豆から挽いている。


ゴリゴリゴリ🦍ゴリと、豆を挽いている時は無心。

この前から始めた瞑想と合わせてすることもある。
(※瞑想として良いのかは不明)

 

コーヒーが大好きで、毎朝3~4杯分のコーヒーを作り、ポットまま職場に持っていき1日かけて仕事の合間に飲むのが日課

 

ただ、昨日の朝はいつもと違った。

 

なんと妻マンぼーが「ちょっと、ちょーだい」と言ってきたのだ!

 

オレは妻や娘に対して食べ物、飲み物、他の物、ほぼ全ての事において「ちょーだい」と言われたら秒で「いいよー」と答える


物に対して執着心が無いわけではないけど、喜んでもらえる方が嬉しい。

 

ただ、コーヒーは別だ。

 

これから、1日かけてオレに飲んでもらおうと生まれてきたコーヒーちゃん。

 

オレの中から心の奥に眠っていたもう一人のオレがでてきてマンぼーへ伝えた

 

「嫌だ」

 

マンぼーは予想もしなかったオレの返答に戸惑いながらも

 

「え…いいじゃん!ちょっとくらい。昨日この為に牛乳も買ってきたのに!」

 

ただオレも言ってしまったからには引き下がれない

 

「絶対嫌だ」

 

マンぼーも負けずに

 

「牛乳まで用意してたのに飲めないの可哀そうって思わんの?!」

 

オレも言い返す

 

「職場で最後の1杯が、あれ無い。ってなるオレが可哀そうって思わんの?!」

 

このやり取りが10分くらい続いたが、最終的にマンぼーが諦めた。

 

ただ、オレは途中で気づいていた。

 

『オレ、ちっさ(小さい)。いいよって言えば良いじゃん』

 

でも、言い始めちゃったから中々方向転換できず…

仕事行く前にマンぼーに「やっぱいいよ。あげるよ」と言ったが時すでに遅し…。

 

マンぼーもふてくされて「もういらない」の一点張り

 

結局そのまま家を出た。

 

車の中で口にしたコーヒーは今までで一番まずかった。

いつもと同じ作り方で作ったはずなのに…。

 

明日からマンぼーの分のコーヒーも作ってあげよう。

好きな物こそ人に分けて幸せを分かち合おう。

 


            おしまい

記事を気に入っていただけた方はブックマークまたはシェアしてもらえたら嬉しいですby σ(゚∀゚ )オレ にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村