MENU   

我が家の家庭内格差の話

オレの娘コハにゃんは3歳と9カ月。

最近は以前にも増して、色々なものに興味を持っている。

中でも、絵本やテレビなどでも出てくる

”死” 


という事をコハにゃんなりに理解してきている。

死ぬ→いなくなる→悲しい・寂しい

という感情は育っているようだ。

ただ、あくまでも子供は子供。

とても、純粋で正直。

そして時に残酷なのである。


この間、夜寝る前にコハにゃんをトイレに連れていくと突然

コハにゃん「ねーねー、おとーさん。みんなしぬん?」

オレ「うん、人はいつか死ぬんだよ」

コハにゃん「おかーさんも?」

オレ「うん、おかーさんもだよ」

コハにゃんえー!やだやだ!!
コハにゃんおかーさん、しぬのやだやだやだやだ!!!
コハにゃんそんなのやだー!!!!

 

一瞬で悲しみの感情を爆発させる娘を


オレ「大丈夫、大丈夫!それまで楽しいこと沢山あるよ」

 

コハにゃん「おかーさん、しんだら、かなしい…。」


オレ「大丈夫だって。でも、おとーさんだって死ぬんだよ」

 

はっ!しまった!!

また大騒ぎしてしまう!!!

 

オレは自分のミスを心の中で悔やんだ。

 


コハにゃん「へー。そーなん?」

ジャー。←おトイレ終了

スタスタスタ。←素通り


オレおい。


隣の部屋からは【ク】なのか【カ】なのか分からないが
その一連の会話を聞いて、笑いを堪えきれてない妻の声が漏れていた。

そういえば、前にメダカが死んだ時もこんな反応だったな。

今のところ、彼女に映る我が家はこんな感じでしょうか。

 

f:id:kodiek924:20190712141932j:plain




           おしまい

 

 

記事を気に入っていただけた方はブックマークまたはシェアしてもらえたら嬉しいですby σ(゚∀゚ )オレ にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村