MENU   

我が家にメル氏がやってきた話

我が家にメル氏(メルちゃん)がやってくる。

妻のマンぼーのご両親からコハにゃんへの誕生日プレゼントだ。

数種類のメイクのセットが入っていて、お風呂で濡らすと髪の毛がピンクになったり、ピンク色の爪の色がとれてまたメイクできたりとなんか色々凄いようだ。

 

 ↓ まさにコレ(*‘∀‘) ※後日撮影

    f:id:kodiek924:20181103092747j:plain

 

 

ただ、オレはメル氏がやってくる事を少し心配していた。

 

ナゼかというと、うちにはポポ氏(ポポちゃん)が既にいるからである。

 

ポポ氏は娘のコハにゃんの従姉からのおさがり。トイザらスのYou&Meというブランドの人形で、本物のポポちゃんより安いがとりあえずポポちゃんってことになっている。

物心がつく前から一緒にいて最近は特に仲良くなり一緒に寝ている。

 

↓ポポ氏本人(古いせいかAmazonで見つからなかった笑)

f:id:kodiek924:20181103095024j:plain

 

そんなところにメル氏が来たらポポ氏はどうなるのだろう…

「もし、コハにゃんがポポちゃんに冷たくなったりしたら従姉に返そう」

と妻のマンぼーに提案すると…

 

マンぼー「大丈夫、大丈夫!こんな大事にしてるんだから、一緒に遊ぶでしょ!!」

と楽観的。

 

マンぼーはわかっていないんだ。

子供の純粋さに隠れた残酷さに。(ΦωΦ)

 

そして、マンぼーのご両親と一緒にAmazonの箱の中に隠れてメル氏がやってきた。

中になにが入ってるかわからくて不思議そうに見ていたコハにゃんも、箱を開けると目がダイヤモンドのように光った(。◕д◕。)キラキラ

箱から全てを出して、コハにゃんのお遊び用の小さな机の上にメル氏を置き、髪をいじったり手を動かしてみたりしてコハにゃんも嬉しそう。

f:id:kodiek924:20181103094550j:plain

ここからが運命の時。

 

オレ「これで一緒にポポちゃんも遊べるねー!」

 

とポポ氏をメル氏の横に置いた瞬間。

 

 

コハにゃんは目線をメル氏から離すことなく、

おもむろにポポ氏の足を鷲づかみにし真横に放り投げた。

 

f:id:kodiek924:20181103095405j:plain

(※再現映像 後日撮影)

 

!!!!!!!!(゚Д゚;)!!!!!!!!←オレ

!!!!!!!!(゚Д゚;)!!!!!!!!←マンぼー

!!!!!!!!(゚Д゚;)!!!!!!!!←ジジ

!!!!!!!!(゚Д゚;)!!!!!!!!←ババ

 

その後、同じように3回ほど説得したがポポ氏が3回床に叩きつけられた。

 

焦ったオレは急遽メル氏とポポ氏は親友という設定を作る。

 

f:id:kodiek924:20181103095514j:plain

(パッと見、少し家柄の違いがあるが、階級を超えた友情ということで笑)

 

 

オレ「メルちゃんとポポちゃんはとっても仲良しでポポちゃんと仲良くできないとメルちゃんとも本当のお友達になれないよ?どうする??」

 

コハにゃん「ポポちゃんとなかよくする(。´・ω・)…」

 

ほっ。 

 

 

今では、ポポ氏は寝るときメル氏はお風呂のときに分けて仲良くしている。

 

めでたし めでたし

 

f:id:kodiek924:20181103095829j:plain

             おしまい

 

 

 

記事を気に入っていただけた方はブックマークまたはシェアしてもらえたら嬉しいですby σ(゚∀゚ )オレ にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村